格安料金と高品質税理士業務

相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について

日経新聞等の報道によりますと、
平均的な税理士の相続税申告の報酬は
遺産の総額の1%といわれています。

当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、
お引き受けいたします

良心的料金でも品質は一流のTKCの

相続税申告書システムを使用いたしますのでご安心ください。

堤税理士事務所の相続税報酬規程

遺産の総額の0.5%前後で、承ります。

税理士報酬の目安(過去の相続税申告書作成料金の例)

相続財産が7千万円程度の場合、35万円前後です。

相続財産が8千万円程度の場合、40万円前後です。

相続財産が1億円程度の場合、50万円前後です。

相続財産が1.5億円程度の場合、70万円前後です。

法人の税理士顧問料金

法人の税理士顧問料金のお知らせ

法人顧問税理士を
ご希望の方

現在税理士がいないお客様

現在の税理士から
変更をご希望の方
税理士費用を半減したい方

月額2万円から
税理士顧問を承りたいと思います。
ご相談ください。
上記は当事務所にご来社いただける方
の料金です。

税理士の訪問をご希望の方はお気軽にご相談ください。

当事務所では、お客様のパートナーとして接していくことを理念としております。
そのため、余裕がない段階では極力報酬額を低く設定し、
売上の伸びに応じて変更できるよう、
税理士料金を提示しております

減価償却、青色専従者給与、消費税などについて、プロとして
節税のアドバイスを的確に行います。

なるべくお客様のご希望に沿う料金で

承りたいと考えております。

どうぞ、安心してご相談ください。

 

埼玉県さいたま市大宮区の格安親切な税理士にご相談下さい電話048(648)9380

Q、財産取得者が日本に住所を有していない場合は?

制限納税義務者の債務控除

 

相続又は遺贈

 

(包括遺贈及び

 

被相続人からの相続人に対する遺贈に限ります。)

 

により財産を取得した者が、

 

その取得の時に

 

日本に住所を有していない場合、

 

すなわち制限納税義務者である場合には、

 

 

 

 

日本国内にある取得財産の価額から、

 

被相続人の債務で次に掲げるものの金額

 

のうち、その者の負担に属する部分の金額を控除します

 

⑴     その財産に係る公租公課

 

⑵     その財産を目的とする留置権、特別の先取特権、質権又は抵当権で担保される債務

 

⑴     ⑵の債務のほか、その財産の取得、維持又は管理のために生じた債務

 

 

 

その財産に関する贈与の義務

 

 

 

被相続人が死亡の際、日本国内に、

 

営業所又は事業所を有していた場合においては、

 

その営業所又は事業所に係る営業上又は事業上の債務