未分割財産から生じる不動産所得

Q、未分割財産から生じる不動産所得がありますが、どのように申告したらいいですか?

Q、未分割財産から生じる不動産所得がありますが、どのように申告したらいいですか?

未分割財産から生じる所得については

遺産分割が確定するまでは法定相続分に応じて申告することになる。

特に消費税の課税対象となる事業を行っている場合には

消費税の基準期間の課税売上の金額により課税業者になる場合があるので

正確に処理したい。

遺言とは?

 遺   言

満15歳に達した者は、すべて遺言をすることができます

遺言は通常

「遺言証書」によってしなければなりません。

しかし、死亡の危急に迫った者や

一般社会と隔絶した場所にあるため

通常の方式による遺言ができない場合には、

特別の方式による遺言をすることができます

(民法に規定する方式によらないものは、すべて無効になります。)

遺言は、停止条件を付した場合を除き

遺言者の死亡の時からその効力が生じます、

遺贈によって取得した財産の取得の時期は、

通常遺言者の死亡の時であり、

相続税の課税原因が発生します。

法律上、遺言はたいへん強い力をもっています
遺言の内容を変えたくなったら、新たに作成しなおすことができます。
遺言が二つ以上あるときは、
新しい日付のものが有効になります
このように、遺言は一生に一度、書いたら
変えら れないというものではありません
遺言執行者を定めることも できます。
遺言執行者がいると、
金融機関への手続 や不動産の名義変更などで、
必要書類が少なくなる など、
遺言の円滑な実現に有効です。

相続人は家庭裁判所で検認という手続を
経 なければ開封できません。
公正証書遺言は、
検認の手続なしに開封できます。
公正証書とは、
公証人役場にいる公証人が、作成する書類です。
作成上の不備の心配がないうえに、
公証人役場に原本が保管されます。
ただし、費用がかかる上、
作成にあたって二名の 証人の立ち会いが必要です。

遺言で死後の贈与(遺贈)をする ことができます。

遺言の方式は、
民法で厳格に定められており、
その方式に従わなければ遺
書は無効である
遣者の死亡後にその真意を確
認することができないことから、
一定の方式を求めているのである。
自筆証書遺言
遺言書の全文、日付、氏名を
遺言者が手書きし
署名し
押印する
家庭裁判所の検認が必要

秘密証書遺言
遺言者が遺言書に
署名して印を押し
封印した上で
公証人と2人以上の
証人の前に提出し、
その封書に公証人が
日付等を記載する。
また、
遺言者、公証人、証人が
各自署名押印する。
開封検認は家庭裁判所で行う

2015年5月27日 | カテゴリー : 遺言 | タグ : | 投稿者 : 消費税に詳しい税理士

Q、相続人は、配偶者と兄弟ですが、遺言がある場合、兄弟は、遺留分の減殺請求はできますか?

遺留分権利者は、配偶者、子、直系尊属に限られています

兄弟姉妹は遺留分権利者ではありませんので

遺留分の減殺請求はできません。

したがって、子供さんがいない場合には、遺言書の作成が重要です。
遺言書がない場合には、兄弟の法定相続分が発生します。

2015年5月7日 | カテゴリー : 相続遺産分割 | 投稿者 : 消費税に詳しい税理士

Q、胎児がいる場合?

胎児がある場合には、

 

その胎児は既に生まれたものとみなされ

 

相続権を有することになります。

 

ただし、死産のときは、

 

この適用はありません。

 

相続税の取扱いは、

 

相続開始の時には

 

その胎児がないものとして

 

相続税を計算し、

 

その後胎児が出生したときに、

 

更正の請求等によって

 

納付すべき相続税額を清算します

2015年5月7日 | カテゴリー : 相続遺産分割 | 投稿者 : 消費税に詳しい税理士

Q.生命保険金を受け取っても相続放棄が認められますか?

認められない場合もあります。!
個々の事情を、よく確認する必要があります。

生命保険契約により、保険金の受取人が(被相続人)と指定されている場合、

生命保険金請求権は被相続人の相続財産になると考えられます。

したがって、相続人が生命保険金を受け取ると、

単純承認とみなされその相続人は相続放棄をすることができなくなるとおもわれます。生命保険契約により、保険金の受取人が単に相続人と指定

されている場合

この場合は、各相続人は、それぞれの相続分に応じ、

自己固有の権利として生命保険金請求権を取得しますので、
相続人が生命保険金を受け取っても、その相続人は相続放棄をすることができるとおもわれます。

Q、被相続人の所得税の青色申告は引き継がれるのでしょうか?

所得税申告上,被相続人の青色申告は引き継がれない。

青色申告承認申請書の提出期限

1月1日から1月15日までに相続があった場合ーーーその年の3月15日

1月16日以降に相続があった場合ーーー2か月以内

青色申告者である被相続人の業務を相続した場合ーーー4ヶ月以内

消費税の課税事業者選択届出書、簡易課税制度選択届出書は

相続人が改めて出さなければ、効力を生じない。

ので注意したい

A,家族名義の預金と贈与税の基礎控除以下の贈与

被相続人が管理していた預金で、
家族の名前の預金(名義預金)になっているものは、

相続税調査においては相続税の課税対象である
と指摘されることが多いと思われます。

仮に贈与契約書があったとしても

預金の出し入れをしていた者は誰か、

利息の受け取り人、

お金の流れから総合的に判断されると思われる。

誰がその預金を管理していたか、費消していたかの、判断基準としては

届け出印鑑や取引の伝票の筆跡などが参考とされ。

預金の出し入れをしていた者は誰か、

利息の受け取り人、

被相続人の通帳から相続人などの名義の通帳への移動

日々の生活費の引出状況などの

お金の流れから総合的に判断されると思われる。

相続税の課税対象とされないためには、

最低限、毎年の贈与税申告

贈与契約書の作成が必要である

が実際に相続人の財産であるとの根拠を

説明できるようにしておくことが重要です。

A、相続税の申告書を共同で作成して提出できない場合にはどうしたらいいでしょうか?

相続税の申告書は、同じ被相続人から相続、遺贈等によって財産を取得した人が共同で作成して提出することができます。

しかし、申告書を共同で作成して提出することができない場合には、別々に申告書を提出しても差し支えありません。

無申告の場合 無申告加算税、延滞金等が課せられるので、相続税の期限内に提出することが重要です。

埼玉県さいたま市大宮区の相続税,相続,相談できる税理士

相続税の経験豊富な事務所です

電話048-648-9380

堤税理士行政書士事務所

埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F

相続税に詳しい、さいたま市 大宮区の相続税専門税理士です

 

相続税 相続 遺産分割 相続税申告書作成 提出代行

税理士による的確なアドバイスにより

埼玉県の皆様の身近な相談相手として、

お役に立てるよう日々努力しております。

相続税、遺産分割、遺言でお困りのかた、

気軽に相談できる税理士をお探しの方は、 ぜひ声をかけてください。

さいたま市大宮区の税理士堤友幸の本がAMAZONより電子書籍で出版されました。

ibooksより電子書籍で出版されました。こちらよりご覧頂けます。

埼玉県のお客様には、著者税理士 行政書士 堤友幸が

直接対応させていただいております。

相続、相続税のことは、どうぞお気軽に、ご相談下さい。

048(648)9380

ホームページへお越し頂き誠にありがとうございます。

当事務所では、お客様の相続税、

相続などの悩みを解決すべく、

お役に立ちたいと、日々研究を重ねております。

土地建物の相続、名儀変更のしかたは?

税務署から相続税の申告書が送られてきたが?

相続税の申告を良心的な料金の税理士に頼みたい。

銀行預金の名儀変更の仕方は? 遺産分割の事で相談したい

遺産分割協議書の作成方法は?

などお客様のご相談に、 全力で対応させていただきます。

ご相談お見積り料無料です。お気軽にご相談ください。

相続税申告書作成の報酬料金について

日経新聞等の報道によりますと、

平均的な税理士の相続税申告の報酬は

遺産の総額の1%といわれています。

当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、 お引き受けいたします

良心的料金でも品質は一流のTKCの

相続税申告書システムを使用いたしますのでご安心ください。

堤税理士事務所の相続税報酬規程

遺産の総額の0.5%前後で、承ります。

お見積し、金額を提示し、 納得いただいてからのご契約となります。

どうぞ、安心してご相談ください。

当事務所は、平成4年、

埼玉県さいたま市で税理士事務所を開設

法人税・相続税を中心に埼玉県の皆様の、身近な相談相手です。

平成20年には税理士会大宮支部より表彰されました。

平成25年には埼玉県さいたま市、さいたま商工会より 表彰されました。

税理士をお探しの方は、安心して、ご相談下さい。

税理士略歴  法政大学 法学部を卒業 税理士試験5科目合格

平成2年税理士登録 税理士、

公認会計事務所等で法人税、相続税業務に従事

平成4年埼玉県大宮市(さいたま市大宮区)に税理士事務所開設

埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、学術研究部員を歴任

TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験

さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任

埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。

税務調査の経験、実績、豊かな税理士です。

税理士をご希望の方は、どうぞ安心してご依頼ください

 

 

遺産分割書作成などの相続関連サービス、

個人向けサービスをお探しのお客様はこちら。

出版物 相続税の名義預金 [Kindle版]  

不動産所得の節税方法と不動産管理会社の設立

アマゾンより発売中

医療費控除になるものならないもの27年3月確定申告用: [Kindle版]

相続があった場合

消費税の免税事業者である個人事業者又は

事業を行っていない個人が

相続により被相続人の事業を承継した場合

① 相続のあった年(相続のあった日の翌日からその年の12月31日まで)

被相続人のその年の前々年(基準期間) の課税売上高が1000万円を超える場合には、

納税義務がある

② 相続のあった年の翌年と翌々年

相続人のその年の前々年(基準期間) の課税売上高と

被相続人のその年の前々年( 基準期間)

の課税売上高の合計が1000万円を超える場合には、

相続のあった年の翌年又は翌々年は納税義務があ