相続人に不明者がいる場合

失踪宣告けた場合にも相続開始します。

不在者生死不明状態が、

通常、7年間

特別危難場合には

危難ったから

年間継続したに、

家庭裁判所

利害関係人請求づき、

失踪宣告します。

失踪宣告があると、

死亡したものとみなされ

相続開始します。

 

契約者貸付金が控除された場合の生命保険の注意点

生命保険の注意点

1.契約者貸付金

生命保険契約の契約者は、

その保険契約の解約返戻金の範囲内で

保険会社から貸付けを受けることができるが

これを契約者貸付金といい、

相続人が相続により

取得したとみなされる保険金の額は、

契約者貸付金の額を控除した金額となり、

その金額で非課税金額を計算する

2.剰余金

保険金受取人が

保険金に加えて

剰余金(配当金)や

前納保険料を受け取った場合

それらも、生命保険金に含めて、非課税金額を計算する。

 

相続開始前3年以内に贈与を受けた財産からの債務控除

債務控除は、

相続または遺贈により取得した財産の価額から

控除することになつており、

3年以内の受贈財産が相続税の課税価格に加算される場合であつても、

相続財産から控除しきれない債務を

受贈財産から控除することはできない

詳細はご相談ください

 

相続時精算課税の特定贈与者の死亡以前に相続時精算課税適用者が死亡した場合

特定贈与者(A)の死亡以前に

相続時精算課税適用者(B)が死亡した場合には、

Bの相続人(C)が、

Bが有していた相続時精算課税を受けていたことに伴う

権利又は義務を承継して

精算手続を行うことになります

相続税の債務控除と固定資産税

地方税法において、

土地又は家屋の所有者であった個人が

固定資産税の賦課期日前に死亡した場合にあっては、

賦課期日(毎年1月1日)現在において、

現に所有している現実の所有者

を納税義務者とすることとしています。

たとえば被相続人が平成25年12月25日に

お亡くなりになった場合、26年分の固定資産税は

債務控除できません。

 

相続税の物納が認められる場合

相続税の納付において

相続財産が、

不動産などのように

換価困難であるものが大部分であり、

延納で納付することができないような場合には、

金銭納付に代えて

相続税の対象財産によつて物納することができる。

ただし、相続税について物納が認められるためには、

次の要件すべてを備えていなければならない
1 延納によっても金銭で納付することが困難な金額の範囲内であ    ること
2 申請財産が定められた種類の財産で申請順位によっていること
3 申請書及び物納手続関係書類を期限までに提出すること
4 物納適格財産であること

相続税の延納ができる期間

相続税の延納の期間は、原則として5年以内となつている。

ただし、相続や遺贈によつて取得した財産で

相続税額の価額の合計額のうちに、

不動産等の価額が占める割合が2分の1以上であるときは、

不動産等の価額に対応する相続税額については15年以内

または20年以内、

その他の財産の価額に対する相続税額については

10年以内まで認められる。

延納する場合には、申告期限までに 所定の手続きが必要である

 

相続税の調査での注意点

①相続または遺贈で
財産を取得していない者は
相続開始前3年以内の贈与財産を加算する必要はないが

本来の相続財産は全く取得していないものであっても
生命保険金や退職金などのみなし相続財産を取得している場合には、
相続開始前3年以内の贈与財産を加算する必要がある

 

②被相続人の通帳から相続人等の通帳に移動があった場合など

名義預金として

被相続人の財産ではないかと

指摘されることが多いと思います。

(1)贈与とは?

贈与は,

「当事者の一方が自己の財産を

無償にて相手方に与える意思を表示し,

相手方が受諾することによって,

効力が生ずる」(民549)

とし,

贈与契約は双方の合意で成立する契

約であり,

書面や引き渡しは成立要件とされて

いない。

  2書面によらない贈与契約

書面によらない贈与は,履行されるまでは,

撤回される可能性があるが。

この反対解釈として

書面による贈与は原則として撤回することができない

と解されている

3.贈与が行われた財産取得の時期

通達によると贈与が行われた財産取得

の時期は,

① 書面による贈与……その契約の効力の発生した時

② 書面によらない贈与……その履行の時である

贈与履行時期をめぐる裁判、採決例

贈与履行時期をめぐる裁判、採決例

書面によらない贈与契約

『贈与により財産を取得した時』とは

書面によらない贈与の場合には『贈与の終わった時』と解する

その時に,受贈者は贈与税の納税義務を

負担するに至る。」とされた。

この判決により,

履行が終った時点をもって,

贈与税の納税義務が成立するとしている。

贈与の履行の有無は,

贈与されたとする財産の

管理・運用の状況等の具体的な事実に基づいて,総合的に判断される

定期預金を自由に運用するためには

その届出印が必要となるところ,

本件各定期預金の届出印は,

その保管状況・使用状況・

各名義人の当該届出印

に対する認識及び

各定期預金に係る証書の改印状況などを勘案すると

相続開始時点においても

被相続人が引き続き管理していたものと認められることから,

確定的な移転があったとまでは,みることができない。

したがって,本件各定期預金は,

贈与によって相続人らが取得したものとは認めることができず,

相続税の課税財産に該当する。

贈与履行時期をめぐる問題

親族間における不動産の贈与による

財産の取得時期は

契約の時とした

第一審判決について、

登記原因として記載された贈与年月日にかかわらず、

その登記の日に贈与が行われたと判示して、

第一審の判断を覆した。

公正証書があっても、その贈与の時期を否認した判例は多い

贈与によるものと認定された裁決事例

贈与によるものと認定された裁決事例

請求人(相続人)名義の定期預金が

贈与により取得したと

認定された事例

の判断理由によると,

1、請求人らに贈与する

意思があったと推認されること,

2,定期預金に見合う金額の

贈与税の申告と納税がなされ

ていること,

3,相続人らは贈与税の申告等に

ついて承知していたこと,

4,相続人らは,

相続開始前までに

被相続人から

定期預金の通帳を受け取っていると

推認されることを挙げているo

贈与税の申告がなされていたことを
その判断理由の1っとして採用

している。

相続税の時価とは?

最近の判例としては、次のようなものがある。
「相続税法22条は、
相続により取得した財産の価額は
特別に定める場合を除き、
その財産の取得のときにおける時価による」
と定めており、
時価とは、
課税時期において、
それぞれの財産の現況に応じ、
不特定多数の当事者間で
自由な取引が行われた場合に
通常成立する価額をいう

低額譲渡

低額譲渡を受けたことによる利益
著しく低い価額の対価で

財産の譲渡を受けた場合

当該財産の譲渡があった時において、

当該財産の譲渡を
受けた者が、

当該対価と当該譲渡があった時における

当該財産の時価

(当該財産の評価について特別の定めがある場合には、その規定により評価した価額)

との差額に相当する金額を当該財産を譲渡した者から贈与

(当該財産の譲渡が遺言によりなされた場合には、遺贈)

により取得したものとみなす。

ただし、当該財産の譲渡が、

その譲渡を受ける者が資力を喪失して

債務を弁済することが困難である場合において、

その者の扶養義務者から当該債務の弁済に充てるため
になされたものであるときは、

その贈与又は遺贈により取得したものとみなされた金額のうち

その債務を弁済することが困難である部分の金額については、この限りでない。

譲渡があった財産が二以上ある場合には、

譲渡があった個々の財産ごとに判定するのではなく、

財産の譲渡があった時ごとに譲渡があった財産を一括して判定する

上記「債務」には、公租公課を含む

債務免除等を受けたことによる利益に ついても

上記の贈与等の適用がされる。

連帯債務者が自己の負担に属する債務の部分を超えて弁済した場合において、

その超える部分の金額について他の債務者に対し

求償権を放棄したとき 

 ⇒その超える部分の金額は贈与とみなされる

保証債務者が主たる債務者の弁済すべき債務を弁済した場合において、

その求償権を放棄したとき ⇒ その代わって弁済した金額は贈与とみなされる

トップへ戻る

生命保険金等の非課税枠

1. 死亡保険金被相続人の死亡保険金は、相続税が課税されますが、一定額が非課税となっています非課税枠=500万円×法定相続人の数

法定相続人については、
もし相続放棄した人がいるときでも、
放棄しなかったものとして相続人の数に入れます。

ただし、相続放棄した人は死亡保険金を受け取ることはできますが、
この非課税枠を利用することはできません。

また、被相続人に養子がいるとき、
・実子がいる場合は、養子は1人まで法定相続人として認められます
・実子がいない場合は、養子は2人まで法定相続人として認められます
・ただし、特別養子の場合は、実子と同等に扱われます

なお、ここでの法定相続人というのは、あくまで相続税法上の非課税枠を計算するときのものであって、民法上では実子も養子も全て法定相続人になります

2. 養子がいるときは、上の死亡保険金のケースと同じです。

なお死亡退職金は、
被相続人の死亡後3年以内に支給が、
確定したものであれば非課税枠が適用できます

3.
死亡退職金→みなし相続財産非課税枠=500万円×法定相続人の数
業務上の死亡では、賞与を除く給与の3年分まで

業務上以外の死亡では、
賞与を除く給与の半年分まで
が非課税

 

トップへ戻る

相続税の基礎控除(免税点)

 

相続税の基礎控除は、

次の式で計算します。

 

27年1月1日以降の相続(お亡くなりになった日)

より適用

3,000万円十600万円×法定相続人の数

 

26年12月31日以前の相続(お亡くなりになった日)

の基礎控除は

5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

 

 

 

被相続人に養子がいる場合は

・実子がいる場合
養子のうち1人まで
が法定相続人の数として認められる

・実子がいない場合・・
養子のうち2人まで
が法定相続人の数として認められる

特別養子縁組で、
養子となった人は実子として認められます
上のような制限はありません。

 

トップへ戻る